参議院議員

あなたの笑顔を守りたい

くまがい裕人

活動報告Activity information

くまがい裕人公式 twitter
くまがい裕人公式 ブログ

ご挨拶Greetings

 大学時代に衆議院議員選挙のボランティア活動をしたことをきっかけに、国会議員秘書への道が突然目の前に現れ、サラリーマン生活に別れを告げることになりました。 国会議員の地元秘書として忙しい毎日に追われる生活を続けていた中のある日、ふと目にした小学校の卒業文集に「将来の夢は政治家」と書いてあるのを目にしました。ずっと忘れていたその想いは、その日を境にだんだんと具体的な姿として現れ、私に夢を追うことの決断を迫ってきました。
 「政治は弱い立場の人のためにある」という師の言葉に背中を押され、卒業文集に幼い想いを書いたころを思い出し、弱い立場にある人たちの良き理解者となる政治が必要とされていると痛切に感じて政治家への道を目指すことに…。

 そして、1992年7月の第16回参議院通常選挙の比例代表名簿への登載や2000年6月の第42回衆議院議員選挙に岡山4区から民主党公認での出馬(相手は故・橋本龍太郎氏)などの経験を経て、2007年4月のさいたま市議会議員選挙に初挑戦し、トップ当選することになりました。

 以後、3期12年、選挙権を持たない子どもたちこそ弱い立場にある人と考え「Children first!すべては子どもたちのために!」を活動の原点にして、市民に一番近いところで政治に携わってきました。だからこそ子どもたちの未来に責任を持つことが、政治家くまがい裕人の責務だと思って活動してきています。

 ところが今、日本の政治は新自由主義に象徴される強者の論理の政治が罷り通り、権力者の顔色を見て物事を忖度し、嘘や隠ぺい、改ざんなど、信じられないことが官民問わず次々に行われている世の中になってしまっています。「今だけ、金だけ、自分だけ」、こんな政治の現状は絶対に間違っています。
 私は、「多様性を認め、お互いに理解し合い、困った時には助け合う」ことが当たり前の共生社会を、そんな「誰も取り残すことのない」包摂的な世の中を取り戻し、「弱者を切り捨てない、誰にも居場所がある社会」を創りたいと考えています。

「Children first!すべては子どもたちのために!」
「あなたの笑顔を守りたい!」

を胸に、参議院議員の一人として、しっかりと政治に取り組んでまいります。

参議院議員 くまがい裕人

プロフィールProfile

 1962年3月23日、旧大宮市に生まれ、大宮東小、大宮東中、中央大学附属高校、中央大学商学部を卒業。

 (株)ロッテリアで1年間サラリーマン生活を送り、その後、縁あって衆議院議員の地元秘書へ。
衆議院議員と参議院議員の公設秘書から政策担当秘書(1期生)を長らく務め、その間、新進党や民主党結党に参画し、民主党役員室次長や民主党秘書会長、超党派の参議院秘書協議会事務局長等を経験。

 2007年4月のさいたま市議会議員選挙に初挑戦し、トップ当選。以後3期務める。
2017年立憲民主党の結党に参画し、2018年1月に枝野幸男衆議院議員とともに立憲民主党埼玉県連合を立ち上げ、幹事長に就任。以後、埼玉県連代表代行、代表を務める。
2020年9月の新生・立憲民主党の結党に参画。同10月、立憲民主党埼玉県総支部連合会の代表代行に就任。

 プライベートでは、紙芝居やスポーツ鬼ごっこの普及活動に取り組みながら、スキーやフットサル、ソフトボール、ジョギング、ロードバイクを趣味に楽しみ、さいたま国際マラソンのフルマラソンに出走し、完走しているスポーツマン。
 また、読書やドライブ、DIY、盆栽など、多様な趣味を持つ。
 家族は、妻と長男、長女の一家4人。

【所属委員会】※第203回臨時国会から
国土交通委員会
予算委員会
災害対策特別委員会
国際経済・外交に関する調査会

くまがい裕人の「5つの約束」
5 promises

1. 公正な政治
 「政治は何のためにあるの?」と問われれば「政治は弱い立場の人たちのためにある」それが私の政治の原点です。
 市民目線で国政を見つめ、偏った政治にならないようしっかりとチェックしていきます。
 透明性、公平性を確保し無駄遣いを徹底的に排除、次の世代につけを回さない「公正な政治」を目指します。
2. 対話重視
 「市民が何を必要としているのか?」ということに常にアンテナを張り、一人でも多くの皆さんにお会いして、駅頭街宣活動・立憲カフェ等を通じて、市民の皆さんの生の声を積極的に聞き取り、問題・課題の解決に向け、同じ目線で一緒に考えてまいります。
3. 提案主義
 さいたま市議会議員3期12年の時代にも議会質問は政策提言を旨としてきました。常に生活を営む「生活者の視点」に立った情報発信を行い、多様な立場からのニーズを捉え、生活者にとって本当に必要な価値のある政策をスピード感をもって提案してまいります。
4. 情報公開
 情報が十分に公開されている社会こそが、民主主義の原点です。そのためにも、適切な公文書管理と徹底した情報公開の推進をしてまいります。
 基本的人権を尊重、立憲主義の遵守、国民の知る権利を保障する開かれた政治を目指します。
5. 現場主義
 的確な情報収集はもとより、まず災害被災地や問題の起きている現場に自らの足で赴き、自らの眼で様々な角度から事実を見極め、関係者の皆さんの声に耳を傾け、常に基本を「生活者の視点」に置き、問題・課題の解決に繋げてまいります。

お問合わせContact

お電話でのお問合せ
048-640-5977

メールでのお問合わせ

ご協力のお願いRequest for cooperation

くまがい裕人事務所では、ポスター貼りやボランティアにご協力いただける方を募集しています。
ご協力いただける方は、下記のページからお申込みください。

ご協力お申込み

ご支援のお願いRequest for support

 日頃より、くまがい裕人の活動にご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
 くまがい裕人は、下記にリングがございます選挙ドットコム内のページから、クレジットカードによる個人献金を随時受け付けております。
 ご協力頂ける方は、是非お手続きをお願いいたします。

お手続きはこちら